肺がんによる足のむくみの解消法などを解説!

肺がんを発症すると足のむくみを生じることがあります。肺がんは発見率が高まっているものの、がん死亡者数の割合が多いことで知られている病気です。ここでは、足がむくむ原因と対処法をご紹介しています。正しい方法でむくみケアをしていきましょう。

肺がんとは?

肺がんは、肺にできた悪性腫瘍のことです。癌(がん)とは、医学的には臓器の表面にある上皮細胞にできる悪性腫瘍のことを言います。しかし、一般的に使われる「がん」という呼び名は、上皮細胞の悪性腫瘍に関わらず、筋肉や骨にできた肉腫や白血病なども含めて広い意味で使われています。

肺の気管、気管支、細胞が何らかの原因で癌化したもの

肺がんは、体にとり込まれた空気が通る気管や、枝分かれ状になった気管支、細胞などが何らかの原因で遺伝子に異常が起こり癌化したものです。肺がんは、初期の段階では自覚症状が少なく、体の異変に気づいたころにはがんが進行していることも珍しくありません。

肺がんで足がむくんでくる原因

肺がんを発症すると、主に胸の痛みや痰などの症状が現れますが、足のむくみが生じることもあります。足のむくみは、日常生活動作(ADL)を低下させることにつながり、患者さんにとっても不安に感じる症状です。

足のむくみは肺がんの特有の症状

肺がんで足のむくみ(浮腫)が現れるのは、足の筋力が低下してリンパの流れが悪くなり、体の老廃物が体外に排泄できずに溜まる肺がん特有の症状です。

心機能や胃の低下、栄養状態が不良のための血液中蛋白濃度が低下した場合に起こる

足のむくみは、肺以外の他の臓器が機能低下したことや、体の栄養状態が悪化した場合に発症すると考えられます。また、血中のアルブミンなどの蛋白濃度が低下して、低蛋白血症を引き起こした場合でもむくみの症状が見られるようになります。

足のむくみを解消する方法

足のむくみを解消するには、看護師によるリンパマッサージや圧迫療法、運動療法など、専門的なケアがあります。その他にも本人によるセルフケアや、家族ができるマッサージでむくみを解消することができます。

足の裏をマッサージする

むくみの解消には、足の裏をマッサージすることが効果的です。心臓から離れている足は、血液を心臓に戻すために筋肉がポンプの役割を担うことで血液を送っています。そのため、足の裏は第2の心臓とも呼ばれていますが、足の裏の筋肉が硬く血液が流れにくい状態になると、老廃物が溜まりやすくなります。足の裏をマッサージする方法は、以下になります。

  1. 土踏まずを手の親指を使って10~15秒ほど押し続けます。このとき、足の指を内側に曲げたときに現れる、湧泉というツボ(くぼみ)にも刺激をあたえるとむくみ解消につながります。
  2. かかとを手のひらで包み込んで10~15秒ほど強く握ります。手のひら全体に力を入れて、強さにムラがないようにすることがポイントです。
  3. 足の指を1本ずつ前後・左右に10回ずつ開いてから、指のつけ根と水かきを、つまんでマッサージします。

終わったら最後に500ccの白湯を飲む

足裏のマッサージが終わったら、白湯を500cc飲むことがおすすめです。白湯を飲むことで新陳代謝を促し、老廃物を静脈に流して体外に排出する働きを高めるとされます。時間にゆとりがある場合は、白湯を30分ほどかけて飲むことが理想です。

肺がんの影響によるほかの症状とは?

肺がんには足のむくみ以外にもいくつかの特徴的な症状があります。初期の肺がんは自覚症状が少なく、本人も気づきにくいですが、主に以下のような症状があげられます。

咳が出る、血痰が出る

肺がんは、比較的早い段階の症状で咳や血痰がでることがあります。咳は風邪をひいたときの症状とよく似ていることから、区別がつきにくいですが、肺がんによる咳は長期間にわたり継続して出ることが特徴です。血痰は、肺や気管支などからの出血が痰に混ざっている状態です。肺がんが初期段階では、糸状に血が混ざる程度ですので気づかれないこともあります。

呼吸器感染症

肺がんの症状には呼吸器感染症もあります。呼吸器感染症とは、鼻から咽頭までの上気道に炎症がおこる病気です。急性咽頭炎や急性扁桃腺などが呼吸器感染症に含まれており、急性的に喉の痛みを感じる症状があります。

呼吸困難

肺がんの症状には、呼吸がしづらくなったり、息が詰まるように感じたりする呼吸困難もあります。呼吸困難は、肺や気管支に原因があるもの、肺以外の内臓が影響しているもの、病気に対する精神的ストレスなど、さまざまな原因で発症するとされます。日常生活の中では、階段や坂道をのぼったり、運動をしたりしたときに息切れが起こりやすくなります。

本当に痩せるサプリメント22選を比較紹介。

まとめ

肺がんによる足のむくみは、老廃物が体外に排出できずに生じる場合や、栄養状態が悪く血液中蛋白濃度の低下、心機能や胃の低下など、さまざまな原因で起こります。足のむくみを解消するためには、足裏のマッサージが効果的です。足の裏を刺激して老廃物の排泄を促すことがむくみの解消につながるでしょう。マッサージは本人や家族ができる方法がありますので、主治医のアドバイスを受けながらむくみ対策をしていくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です