足のむくみがまるで象の足!これって本当に治る?

人によっては、足のむくみがまるで象の足のように見えてしまいます。それだけのむくみだと見栄えも悪いですし、靴が履きづらくなるというような問題も生じます。しかし、基本的に、むくんだ足を治す方法は存在するのです。

象足のようにむくむ原因は?

足がむくみ、象の足のように見えてしまうことは大きな問題です。では、なぜそれほど程度の大きいむくみの症状が現れてしまうのでしょうか。

血流が悪い

深刻な足のむくみの原因として考えられるのが、血流の悪さです。血流が悪くなってしまうと、体内の老廃物及び水分がスムーズに流れてくれなくなり、溜まってしまいます。その結果としてむくみが起こるのです。

運動不足

象の足のようにむくむ原因としては、運動不足も十分考えられます。運動をしないことで筋力が低下すると、血液の循環にも影響が生じます。そのため、結果として血行不良によるむくみの症状が現れてしまうというわけです。

ナトリウム過剰

足がむくむ原因として3つ目に考えられるのが、ナトリウム過剰です。ナトリウムというのは、体に必要に栄養素ですが、あまりに摂取しすぎるのは問題です。なぜなら、過剰摂取により、水分を取り入れようとする動きが起こるからです。そうすると、血液中の水分量が増加していき、いずれは毛細血管からしみ出るようになります。その結果、水分の蓄積によるむくみが起きてしまうということです。

むくみの解消法

象の足のようにむくんでしまった場合、それをそのまま放置しておくわけにはいきません。放置してしまうと、生活がしにくくなってしまい、そのことによるストレスも蓄積されてしまいます。では、一体どのようにしてむくみを解消すればいいのでしょうか。

リンパマッサージ

むくみ解消法の1つとして挙げられるのがリンパマッサージです。テレビや雑誌、インターネットなどで取り上げられることも多いため、比較的認知度の高いマッサージと言えるでしょう。また、なぜリンパマッサージがむくみに対して効果的かというと、リンパの流れが良くなるからです。それにより、溜っていた老廃物等が流れやすくなり、むくみの解消につながります。そこで、ここではリンパマッサージの具体的なやり方について説明します。

 

具体的な手順

 

★★引用★★

1.足裏全体をさする

両手の親指を足指の付け根にあて、かかとの方向へ親指を使って、足裏全体をさすっていく。(左右各1分)

2.ふくらはぎをさする

膝裏にある膝窩リンパ節を、親指で10秒ほどかけてゆっくりと押す。次に手のひらをふくらはぎにあて、足首から膝の膝窩リンパ節まで、左右の手を交互に動かしながらさすりあげるようにリンパマッサージをおこなう。(左右各1分)

3.脚の付け根を押す

膝を曲げてあぐらをかくようなポーズをとる。両手を太ももの付け根にある鼠径リンパ節に置き、手のひらに体重をかけながら押す。(左右各1分)

4.太ももをさする

太ももの内側に手のひらをあて、膝から脚の付け根の鼠径リンパ節に向かって左右の手を交互に動かしながらさすり上げる。内側のリンパマッサージが終わったら、太ももの外側も同じようにリンパマッサージを行う。(左右各1分)

(引用元:http://www.naturaltime.jp/diet/beauty-diet1.html)

★★終わり★★

カリウム摂取

カリウムを適切に摂取していくことで、細胞内液に含まれるカリウムと、細胞外液に含まれるナトリウムとのバランスが良くなっていきます。そのため、ナトリウムばかりを摂取し、カリウム不足になっているようでは健康に悪いということです。反対に、カリウムを過剰摂取してしまうことによっても、高カリウム血症などの問題が懸念されることから、注意が必要です。

筋トレ

先ほど、象の足のようにむくんでしまう原因の1つとして、運動不足を挙げました。つまり、運動不足な生活から、運動や筋トレを重視した生活に変えていけば、むくみの改善につながるというわけです。むくみの改善に役立つ筋トレの1つとして、スクワットが挙げられます。スクワットは、ふくらはぎを鍛えるのに役立つ運動の1つです。

着圧ソックス

足のむくみを改善させるための手段の1つとして、着圧ソックスを履くことが挙げられます。着圧ソックスは、血液及びリンパ液のスムーズな流れを促すアイテムです。そこで、オススメの着圧ソックスをいくつかご紹介します。

まず1つ目は、「ムクミキュアオープントゥタイプ」です。この商品の特徴は、1日あたりの着用時間が短くて済むということです。具体的には、わずか30分の着用でいいとのことです。

商品URL(Amazon)

次に、2つ目として「おやすみ着圧ソックス」をご紹介しましょう。この商品は、就寝時に着用しておくことがポイントです。寝ている間に足を引き締めてくれるため、その点がメリットとなります。

商品URL(Amazon)

生活習慣を改善

人によっては、足のむくみの原因が生活習慣にあるというケースも考えられます。では、象の足を予防したり改善したりするためには、どのような生活を心がけていけばいいのでしょうか。

姿勢を良くする

日頃から、バランスの悪い姿勢で生活をしていると、血管に悪影響が及ぼされ、循環機能が低下する可能性があります。そのため、背筋を伸ばし、胸を張って歩くよう心がけましょう。また、立っている時だけでなく、座っている時の姿勢も意識することが大切です。椅子に深く腰かけ、背筋がまっすぐ伸びている形が理想的です。また、その際はかかとが上がってしまうことのないように注意しましょう。

こまめに動く

長い時間同じ姿勢で動かないでいると、静脈に血栓が発生し、むくみにつながるという可能性があります。そのため、こまめに動くことで筋肉を刺激することが重要になります。

睡眠を十分にとる

睡眠不足の状態に陥ると、体内の老廃物がスムーズに排出されなくなっていきます。また、血行不良にもつながっていくのです。それらの要素は、足がむくむ原因としては十分なものとなります。そのため、睡眠をしっかりととり、寝不足状態を防ぐことが大切です。

ほかの病気が原因の場合も

象の足のようにむくんでしまっている人は、病気が原因になっているケースも考えられます。では、どのような病気になると足がむくんでしまうのでしょうか。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤の特徴は、足にある静脈が肥大化し、目に見えるほど浮き出てしまうことです。この病気になると、むくみなども引き起こされる可能性があるのです。

内臓疾患

肝臓疾患や腎臓疾患などにより、足のむくみが現れるケースもあります。例えば、肝硬変を患ってしまうと、足だけでなく、他の部分もむくんでしまうようになるのです。

何科を受診すればいい?

先ほど説明した下肢静脈瘤と見られる症状が現れた場合、血管外科を受診するといいでしょう。しかし、むくみの直接的な原因が定かでないという場合、総合病院を受診し、原因をしっかりと調べてもらった方がいいでしょう。

むくみにいいサプリ

足のむくみに対しては、サプリの服用も効果的です。そこで、足のむくみに効くサプリをいくつかご紹介しましょう。

まず1つ目は、「ピュアエサラ」です。この商品は、ミネラルバランスを良くするのに役立つサプリメントとなっていて、1日あたり3粒を服用する点が特徴となります。

商品URL(Amazon)

2つ目にご紹介する商品は、「めぐりゆく」です。この商品は、血流を良くするという点で役立つサプリメントになっています。また、塩分の排出という点においても効果を発揮してくれるため、足のむくみを改善させるにあたって適していると言えるでしょう。

商品URL(Amazon)

まとめ

足がむくむというのは、よくあることです。そのため、人によっては、象の足のようになってもそのまま放置してしまいます。しかし、むくみというのは、何か深刻な病気のサインであるケースもあるのです。そのため、症状が気になる場合は、自分の考えだけで判断せず、医療機関を受診することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です